銀座美容室zsalon 佐藤典和が語ります



<   2016年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


怪物美容師さん

絵本のような表題と寓話の様な本当の話



とある銀座の美容室には

<平成の怪物>と呼ばれる美容師がいる

この人物の事だ
d0088206_18373196.jpeg
彼の名は YOSHIHIRO CHIDA

そう

ZSALONのヘアースタイリストだ

かっ、顔がキレてしまった

いやいや彼の肖像権に則している為である

写真の彼は何をしているかというと
何と<ネイルスタッズの小分け>の最中だと

細かい作業→何とも細かいネイルのツール整理は実はやってみると実にしんどいもので、選ばれし者のみこなせる特権なのだ

それでもCHIDAは難なくこなしてしまうのだ

さらりと

そう、いつもさらりとこなしてゆく

彼が入社した当初のネイリストの退社に伴い 検定3級を奇跡的にサブ的に始めたネイルの引き継ぎが実は彼の潜在能力を引き出す事になろうとは

彼はジェルネイルの複雑なプロセスをほんの一週間程でマスターし、前担当からの引き継ぎに入客してしまい
お客様も納得しオマケにハンドマッサージなどサービスしてプレデビュー

サロンサイドは彼の為にOPIの新素材を入荷、その時点で  ミスターCHIDA'S NAIL オリジンズが誕生した

ヘアーのみならず
メイキャップまで貪欲に貪る彼は
現時点で銀座エリア一番の作品撮影回数を稼いでいる
これは紛れもなく事実
休日も撮影に使い過ぎてオーナーは心配している程

ヘア×メイク×ネイル
3拍子持ち合わせるオールラウンダーの美容師
男性美容師にはまずいないこのスペック

まだ若干26才にして怪物となった訳だ
売れっ子のサロンワーカーとして生き残る術を
持ち始めた

つぎはバグズ手術しかなさそうだ


最後に、ひとつ彼の弱点を教えよう
d0088206_20285903.jpeg
足癖が悪いのだ
プレートに靴のっちゃってね



これからに期待する



[PR]
by zsalon | 2016-05-23 18:33

学び方

今日は月曜日であり
ご予約制で運営するZSALONへのお客様は
土、日曜日にお仕事されている方サービス業の方などがメインであり中間の15時から17時位は比較的空き易くなっています

ので、<ZSALONさんはいつも混み合っていて、、、>
といわれるお客様にはおすすめの枠となりますので
以後お知りおき頂ければと思います

又、毎日起こり得る事ですが
<急なキャンセル>が発生しますとこれ実はこちらも
<急に体が空く>という事になりまして
人間いざ仕事だと行動状態にスイッチしてしまうと
脳波はバリバリβ波に傾いて済みなので
割り切って違う事をやろう!とは思うものの
スタッフ感の単なる雑談になり兼ねないものです

まあまあ雑談もこれ愛おしですが
<生ける生産性特出型美容師>を自負する私は
サロンをブラブラフラフラするのは居た堪れなくなり
ふと銀座の街、16時をリサーチするべくサ店へと

よ〜し誰方が読んでくれるとも分かりませんが
ブログの更新とでもいたしましょう

3丁目<どんぱ>のニッキコーヒー
半端ではない痺れる味です
癖になるわぁ

さて本題とは
<学び方>
オーナーとしての自分の役回りとしては
代表として接客サービス業としての責任を果たすべく
世の中情報をくまなくリサーチして<ZSALON号>の舵をとらなくてはなりません

ここは日本国であり更に東京という眼マグルしく状況の変化する地域であり、淘汰や排除のスピードも速いので
各種判断を間違えたり遅くしてしまうと取り返しのつかない沈没号になってしまいます

とはいうものの堅苦しい雁字搦め人生は嫌ですので
何とか楽しめそうなお勉強と学びを心掛けます

私の場合はまずは書籍から入ります
一応世の中へ出版されるという事は<幾つかのフィルターを通している>為に何らかの信用性がある訳ですから
インターネットでの自由情報よりはアテになります

書店でのチョイスは以外にも自由に行います

ズラリと並ぶ知の根源様よ
今の私に必要かつ楽しい書はどれでございましょーか?

そうですねこれは我が右脳に眠る未知の潜在意識に問いかけているのです
無意識下の自我が自身の<眼>を動かし自動的に本を見つけてポップアップしてくれます

この技は私の師匠でありますRITZ金井さんから授かりました
<フォトリーディング>という撮影読みを当時相当おバカな私にわかり易く講義頂きまして 本当人生の景色が変わるという<パラダイムシフト>を起こし今に生きています
感謝がつきませんね

こちら言葉が面白い<ゾーン>
d0088206_17052879.jpeg
技師である職種な方々は常にこの手のテーマはかかせませんよね 自分に合う集中術を見つけましょう

こちらは常に世界状勢通な佐藤優氏の一冊
d0088206_17100509.jpeg
大英帝国に学ぶ帝国主義なんかは日本の幕末辺りには相当の影響がありその後を学んでいかないといけませんね
最近の切迫した世界感は複雑過ぎて
決して楽しんで学べる状況にはないんですけど、、、

優氏のラジオもよく聴いています

チョット強めの方の本が好きです
息抜きには
d0088206_17170029.jpeg
堀江氏は本当に宇宙事情にお詳しいです しかも楽しく教えてくれています
えーっ、そうだったのかー!的な


そうそう、先日お客様に進めて頂きの谷崎文学をチョイスしてみたところ
d0088206_17213736.jpeg
中にビッシリと先人様の書き込みがビッシリとあり
これはラッキー!卒論でもかいたのかな?
古書好きなマニアは書き込みが好きなんですね
シェア出来て理解が深まりロマンを感じますよ


今の一番の興味はこれかな
d0088206_17260097.jpeg
どぅーしてもぅースタインウェイが欲しい!
かなり高額!
どうしたら手に入るのかな?
謎は深まるばかりですが取り敢えず研究しましょう

参考には
d0088206_17282971.jpeg
やっぱりビジュアルから入らないと分かりませんね


僕美容師だから



[PR]
by zsalon | 2016-05-23 16:10

銀座の流儀

<カミーユ>というヘアーオーナメントのブランドがある

d0088206_12100677.jpeg
70〜90年代にギャラリーラファイエットやプランタンをはじめ、国内ではホテルオークラ、帝国ホテル等文字通り一世を風靡したフランスの傑作群

90年末、代表兼デザイナーのシルヴィは引退してカミーユブランドは歴史の幕を降ろす

現在では南仏にて彫刻のアトリエを構えている
d0088206_12314650.jpeg
多くのファンを魅了する彼女の作品には品質の高さと品位の高さがバランス良く(シックと贅沢)表現されており
今でもアンティークマニアの間では収集が続いている程人気が高い
d0088206_12375603.jpeg
シルヴィ本人のバックヘアーショット


高品質の樹脂を使い様々なデザインで表現するには
良き工房と良き職人
d0088206_14392061.jpeg
を保持できる特権と財力が必要
になるが、古今3拍子条件が揃うのは非常に難しいのは推測できる  

希少価値が付き値段が落ちない訳だ

2006年ZSALONの創設当初、銀座と仏蘭西を半世紀にわたり交易していた故寺谷氏により熱烈な紹介を受け今に至る


そのデザインを知るには沢山のディテールを触らなければならない
d0088206_14400682.jpeg

その馴染みない色使いや理解しがたい曲線の中に宿る芸術性こそがパリそのものだと
d0088206_14402588.jpeg

仕入れには選り好みしてはならない
なぜならば多色多様を用いて一つのオーダーナメントを表現しているのであり、仕入れ者の感性は遥かにデザイナーに及ばないものであり
<仕入れさせて頂く>立場になる
可能なかぎり全色揃える事
d0088206_14404550.jpeg

ストックは存在している時のみ仕入れの機会

サンプルなどは一切ない
ある訳がない

購入さるお客様には選んで差し上げなければヘアサロンとしての意味をなさない
又、言葉がなくともその<文化>を解る方は大勢存在する

シャツの裾はズボンに入れる

棒に当たるまでがんばろう
なぜならば私達は亜流だから


銀座には<浮世離れした怪物>の街→寺谷氏の発言
ZSALONは銀座のサロンになるべきだと


寺谷氏には何から何まで銀座の流儀、パリの夢や幻想を
享受頂きZSALONの大いなる遺産となっている

それがなかったら、現実的な今のでんのう東京で通用できなかったのかもしれない

人間はお互いに影響し合ってのみ存在してゆけるもの
まして人生の大部分を占める仕事においての
メンターを持たずではなにも開かれず


成功したければ皆同じ、ひとの言う事を聞こう!














[PR]
by zsalon | 2016-05-23 12:07

逸る気持ち

我らがZSALONでは現在仮休稼働ぎみではありますが
<ZBOOKS>というアートファッション系写真写真集サイトを備えています

そうですね、どうしても<シェルフ>という知の根源をもたなければ厚みのある仕事ができないので内的な満足は勿論ですが、外的にも積極的にご紹介してアピールする


又、取り入れやすいお値段でご満足頂けますようにと一貫しています

欲しい一冊に出会う<逸る気持ち>

手に入れたいとエゴる<逸る気持ち>

この辺りがモチベでしょうか

仕入れやせどりも逸りながらですね

芸術写真集は株券の如く人気(評価、価格)のバイオリズムで取り引きされますね、その時期のレートが存在します

乱高下こそはしないものの
これから、過去遺産であり紙媒体である写真集分野は希少性ビジネスに傾倒してコレクターが増えるのは周知当然でして
紙質とは経年すると劣化する物質であるがゆえに
じわりじわりと価値の右肩が上がり続けるでしょう
楽しくてしょうがありません(逸っています)

先日も蔵書の中から驚きの発見をしました

写真家西村多美子
1973初版<しきしま>
d0088206_04594207.jpeg
もうかれこれ20年前の仕入れ(購入といわないのは当時から使命感で動いてましたから)でしたが
本書のもつ独特な粗さと重厚感に又、飾りけのないキャプションが以外にも女性作品というところに相打たれましたが、華やかファッション系を得意とした僕には
70年代カルチャーのカッコ良さは敬遠していて
しかし数百円でしたので収めました

今や幻の写真集となり10万オーバーです
d0088206_12392867.jpeg
カッコイイね〜。

[PR]
by zsalon | 2016-05-17 10:02

夏だ海だカラーブラシです

今年の夏も暑そうですね
d0088206_13072930.jpeg

ZSALON GINZA はお客様の通年バカンスにもぴったりと

寄り添える<プールサイドブラシ><ビーチブラシ>

いわゆる避暑地仕様のリゾートヘアーを素敵にお手入れ

できるウォータープルーフタイプをカラフルにご用意し

しいます
d0088206_13111949.jpeg
カラーバリエはフランスらしいエスプリ全6色、全色揃えているのはZSALON GINZAだけでしょう

勿論純フランス製、正規品です

ヘアーブラシは嗜好品というよりは必需品ですから

普段お宅でお使い中の獣毛ブラシでは水場に合わず

又は埃が真白に溜まったヘアブラシを素敵リゾートに

持ち込んでは旅気分が高揚しませんね

どんなハイブランドにもバカンスラインがラインアップ

されており、ビニール素材の透けたバックからチラリと

覗くカラフルな可愛らしいヘアブラシ!がイメージですね

d0088206_13211778.jpeg
サイズは2種

どっちも欲しいですね〜

ビキニに挟んでも画になるな〜

皆さんお買い上げの際は本当に色で迷われますが

直感を信じてピックアップされる事をオススメします
最高の夏を先取りしちゃいましょう!



[PR]
by zsalon | 2016-05-14 12:58

文壇から つづき

石原氏の<天才>はたくさん売れた又売れている!

表題もストレートでカバー写真もカッコイイ!

幻冬舎からですす、ライトノベル?には無理だけど10代後半であればしっかり読み取れるところが面白い仕掛けですね

18から選挙権?とも若者の政治離れも深刻ですから
広角世代向けにつくられているようです

ところが単なる伝記に留まらずジャンル的にも多岐に跨っている事がこの作品の奥床しくも支持される魅力 と思います

石原氏は政治家であり文壇の人であり
もとより多方面の方ですから そんな方が政界引退後の作品ともなれば確信的試練石になる筈で 面白いにきまってます

これには驚きましたが 
かの気鋭直木賞作家が曰く<老人小説>だと
これは賛辞批評ではなく同業の冷静な分類でしたね
そう<死小説>ですね
僕もそっちかな
死生観を求めて文字追いますからね

自分的推敲の参考には過去のこちらを思い出し
我らがZBOOKSにはこんな蔵書がありました
1991年(僕は美容師の専門学校生)発行
d0088206_09291376.jpeg
三島由紀夫との<対談の回顧>式に語られますが
三島文学や思想に見識や興味アドバンテージがないと
対談は何の事やら分からずの終いになります

ぜひ 併せての(還流読み)いかがでしょうか!


[PR]
by zsalon | 2016-05-11 08:51

文壇から

皆さんはもう読まれましたか

石原慎太郎の快著<天才>です
d0088206_12593600.jpeg
稀代の大首相田中角栄の伝記を一人称で語られます

面白いからとかオススメとかではなくて
石原慎太郎氏や
田中角栄についての付属的な新解釈を覚えましたので自分的な推敲をしてみています

僕は1973年生まれなので、時は田中角栄政権の真っ只中でした
福島県の山間部の故郷町には舗装道路が一つしかなく
となりのトトロの世界感の中で成長しましたが
物心が付くに従って、上下水道をはじめとして高速道路、ジャンクション、バイパス、トンネルとありとあらゆる身の回りインフラがめまぐるしく変えられていったのを強烈なインパクトと共に覚えています
小学低学年には東北新幹線にクラスで初めて乗って
鼻高々でした

曲がりくねって<不便>だった砂利山路も真っ直ぐに広いフラットアスファルトになり、子供の足で15分かかって辿り着く墓地まで僅か5分て到着という驚愕の<便利>を得られましたが

同時に<美しい景観>は失われたのも覚えています
季節と共に色めく光が白けた眩しさに変わり、
動植物昆虫に至っては激減し
(農薬土壌7割、道路3割と思いますが)

時代に翻弄されながら気持ちの悲痛が過半数といったところでしたか

お陰様で今は少子高齢化による放棄地とただただ広がる
広大な道路が凄景観(除染廃棄物もしかり)

どうしようにもない

すべもないわね

かの首相による列島改造を掲げた無二のリーダーシップは混迷の今切望とされるのは当然だが

なかなか素直にはなれない自分がいます

つづく










[PR]
by zsalon | 2016-05-10 12:57

王者のリニューアル

銀座エリアで1番売れているヘアサロンプロダクトといえばこちら
d0088206_21015418.jpeg
zsalonオリジナルPB(カンカンシリーズ)からのプレスで

右<カミのカミサマ>ヘヤーグロス
左<ナナチョウメのユウウツ>ヘアワックス

発売から既に3年が経ちますが脅威のロングセラーとなっています

この2品は双子のように同時に産み落とされたなんとも愛くるしいフェイスのノスタルジー溢れる存在感が魅力です

正にレジェンドでありレガシーであると自負せざるを得ませんし正直愛着の気持ちが入っていますので今回の在庫切れを乗り越えてリニューアルを決意しました

特にzsalonPBのリリースにはフェイスのデザインへの
<こだわり>には相当に気を遣います
過去事例としてモンスターシリーズからの
<ドラキュラシャンプー>です
d0088206_21235473.jpeg

こちらはヘマチンシャンプーだった為、溶液が黒くて
なんだか昔食べた<クロキュラーアイス>を連想してデザインしましたが(香りは気品のローズ+ローズマリー)即完売。

全体を通して<ノスタルジー>を意識していますので
様々過去の傑作に学び、取り入れていきます
d0088206_21304871.jpeg

個人的には昭和のヘアスプレー缶が好きですが、、。
ガスの混入などは規制も厳しく先送りなど
時代のモラルも反映されています

化粧品の今、国内外の優れた商品で群雄割拠かつ情報は過剰飽和して混沌としています

そんな中でもキラリ輝くデザインを追い求めたい

今後ともお楽しみにー!




[PR]
by zsalon | 2016-05-08 20:53

Z BOOKS

我らがZ BOOKSよりレビューです

d0088206_19075334.jpeg
1985年 世界のロボット 初版
イギリス編集をアメリカ出版しイタリアで印刷
ハードカバー美品、経年劣化なし
価格未定

80年代前半はロボ流行りの成熟の時代でしたよね
マジンガーZから始まりガンダムに至るまでのど真ん中
で幼少期を過ごした僕は本当に幸せであったと今しみじみと思うのです
かの人気マンガ<GANTZ>は<ザンボット3>の影響を強く
うけているのだと本編のあとがきで知り
妙にわかるわ〜と思える自分が嬉しいとか
仮面ライダーはロボっ系のがどうしても好きとか
ウルトラセブンのカプセルではウィンダムが好きとか

超合金ロボやガンプラは常に欲しかったものです
いつみても胸がキュンとしますもの(今収集している訳ではありません)
まあ、それは日本国内の話ですが

当時世界的にロボット開発に夢の時期だったのですね

こんな
d0088206_19413724.jpeg
案山子?的から
d0088206_19423355.jpeg
縄文土偶?や
d0088206_19431729.jpeg
オカルト?恐〜い
d0088206_19443386.jpeg
独裁者か!


この一冊は楽しくて、面白過ぎます
夢と想像が詰まった写真集です
(直ぐに売れそう)

最後はこちら
アンドロイド マリアです
d0088206_19523189.jpeg

1920年代のドイツ映画に登場(日本は大正時代) 
最初にして最高傑作といわれていますが

その後のロボデザインに多大な影響を与え続けています
本当に、凄い!


とまぁ、、我らがオンラインストア<Z BOOKS>には
世間数多の素敵かつ個性的なアートブックが大量に
ストックされておりますが、只今管理人超多忙な為
仮休業状態になっておりますが.我々も大変もどかしく
残念でなりません

必ずや近い未来に再始動しますね(ロボ雇おうかな)



あ〜
本って本当にいいもんですね
さよなら、さよなら、さよなら















[PR]
by zsalon | 2016-05-08 19:00

路上にて

今年のGWは、又は一応毎年のGWのサロンご予約は

全日共に前半のお時間帯が人気で

夕方後半のお時間は空きやすくなり

ちょいとさみしさを感じます、、というのは

19才から今まで長年の美容室勤務でしたので

GWという<春の季節を満喫する連休>を頂いた事が

なくて、なかには10連休!みたいな方もいるので

とても羨ましく横目で観て感じてきたからです

せっかくこの連休にサロンに勤務する訳だから

忙しくて華やかなデザインたくさんヘアカット 
したいなぁー!と思うからです


お恥ずかしいですが何年経験しても休みたいものですね


かといっても国民の祝祭日に外出するとあまりの人出に

圧倒されて逆に白けたりしますけどね

昨日の事でしたが、ミーティングの資料をコピーするべく遠く離れたコンビニエンスに向かう道すがら

銀座は中央通り(銀座通り)
歩行者天国?
フリーロード?
d0088206_17463079.jpeg
なんだかまったりとしたスローな銀座の姿

座り込む人々

ブラブラ銀座ブラ?

なんか違うなーと思います

銀座の良さ、は

ピリッとした緊張感や大人の街のエレガントな路

ホコテンってのはかつての表参道、竹の子族とかね

80年代ってかんじかな

とっても懐古的で残念な銀座の姿に映りました



路上にて







[PR]
by zsalon | 2016-05-05 17:25


ヘアサロン ZSALON GINZA オーナーの奮闘記
プロフィール
佐藤典和/Norikazu Sato
Z SALON 代表取締役
1973年4月1日生まれ
福島県伊達郡出身
美容暦19年

>>http://www.zsalon.jp  
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by M.TANI. at 15:13
Purchase Klo..
by Liedriche at 06:02
message1, [u..
by Easelliroli at 04:06
message2, [u..
by Immemaile at 21:31
Order Valium..
by intorrurommig at 08:48
[url=http://..
by treweffitly at 15:43
[url=http://..
by abellaEmalo at 00:32
[url=http://..
by abellaEmalo at 00:31
And you fina..
by Nixon at 23:50
And you in t..
by Nivada at 19:23
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧