Z SALON 佐藤典和のベテラン美容師



年始の空き時間にはファイリングを


年末のサロンの忙しさとは対照的に

年始営業は緩やかにスタートいたしました

どうしても気合いが空回りして持て余してしまう時間がありましたので

そンな時はこれが1番です

<ザ.ファイリング タイム>
d0088206_18031389.jpg
スタイリッシュスタイリストの千田くんの作業です

雑誌の整理がてらピンた来たページを採取して

お好きな順番で羅列する

注)羅列し続ける事。

このおまとめの成果は非常に顕著ですね

単純ですが

明日からのお客様のヘアーお見積もりに

<こんな感じに>と添えるだけ

顔まわりには
d0088206_18104005.jpg
重ための毛束感をご提案

カラーリングの仕上がりは
d0088206_18121014.jpg
こんな技法でいかがでしょうか?という感じなそうです

言葉とビジュアルで分かりやすいヘアーご提案できます

今も昔も変わらないスタイルが素敵ですよね

不思議と普遍なスキルですので

特にこれからの美容師達には必須です

直ぐに取りかかりましょう!

私のファイリングからのヒットページの一つは

こちらかな
d0088206_18204252.jpg
短めのボブに思い切りのよいラインを引く時によく使いますが、カラーリングも含めてここから数百万生み出した事でしょう


当てなきゃ損ですよね、、。



[PR]
# by zsalon | 2017-01-05 17:58

年の初めには


明けまして今年もよろしくお願いいたします

早速ですが、私の実家のある地域は町内一部避難、隣町は全村避難指定となっていましたが

今年春には遂に避難解除になる!

という事で私自身も半信半疑な状況把握でしたので

<本当に戻れるのか?>
<戻って来るのかな?>

などの謎に対して情報整理のチャンスでしたので

百聞は一見にしかず

第一原子力発電所のある沿岸部まで行ってみました!

昨年に国道6号線が通行可能になってから自身初の地域まで入りました(学生時代には良く通ったものですが)

やはりなぁ、、帰宅困難地域での放射線量は高いです
d0088206_23432565.jpg
3.0??マイクロシーベルト
普通に通行できる国道でこの数値には気分が落ち込みますよね、本当に気味が悪いです

大熊町原発周辺は津波にさらわれて辺り一面荒涼とした野原になってました
d0088206_00341837.jpg
果てしなく続く除染廃棄物の仮置き場があちらこちらにあり、圧倒的な量の黒袋の山です

d0088206_00262468.jpg
この看板を曲がれば数分後にメルトダウンに着けますが
一般車は曲がれません
d0088206_00411223.jpg

d0088206_00285972.jpg

この位置までが限界かな?あそこに見えてますね

心が折れそうです

他人?自分?人間?

取り返しのつかない終末感に満たされました



<復興>が叶うならば
何がしのアイディアや努力で
<希望>を得れるのでしょうが

残念ながら私にはネガテイブにしか映りませんでした

富岡町沿岸部にも入りましたが
d0088206_00505137.jpg
d0088206_00513116.jpg
d0088206_00522817.jpg
d0088206_00525487.jpg
d0088206_00534279.jpg
なーんにも無いです

<何か>をしようとして何も無いのではなくて

何にも仕様がないので何も無いのです

残骸も何年も経つのに未だ放置です
車から降りて数分散策しましたが
いかに冷静を保っていても
精神的に危険な領域に
ふれてしまうと思いましたので

立ち入る方は本当に注意して下さい。
d0088206_01042477.jpg
お正月なのに全くお目出度くないですが

この<現実>に向き合う事が大切です

日本人特有?なのかな<事なかれ主義>や<希望的観測>ではこの先の未来へは生き抜く事はできません

本質に向き合う<勇気>を

この2017年はもとう

腰を据えて。


追記
各地域への案内をして頂いたのは私の父です
そしてわたしの最高の師でもあります








[PR]
# by zsalon | 2017-01-01 23:28

カットばせー!

zsalon年忘れ企画は

<バットコントロール>です

いわゆるバッティングセンターに行くのです

久々にトライしましたが、なかなか集中してコツを得なければ前に飛びませんし、当てることすらかないません

これは普段の<ヘアーカットフォームの見直し>になりましたね、安定した姿勢から繰り出す<力みのない技術>

これは長きに活躍している先輩美容師達は皆意識するところでしょう
d0088206_23542362.jpg
立ち位置、視線。
d0088206_23552721.jpg
腰、軸、力の配分
d0088206_23571148.jpg
打ったー!さらに安定。
d0088206_23585695.jpg
千田くん直伝のホヤホヤフォーム
d0088206_00000653.jpg
当てたー!
d0088206_00003955.jpg
振り抜いたね〜。

たまにはストレス発散でよかったです、スポーツはハッキリしていて素晴らしいものですね

よーし、来年度もかっとばしてくれよぉ。


つづく




[PR]
# by zsalon | 2016-12-14 23:45

I AM A WOLF


zsalonの元ボクサー美容師は千田恵弘です

彼が刊行したイントロ冊子は
<アイ アム ア ウルフ>
d0088206_19333870.jpg
左ページにはプレーンなポートレートヘアを配し
d0088206_19351976.jpg
右ページにはスタイリングアレンジを配した構成で
d0088206_19362701.jpg
シンプルなスーパーホワイトをバックによくまとまっている!

これからが楽しみな美容師です

勿論只今、好評入客中です
d0088206_18560599.jpg
今、10代後半から20代、30代半ばまでのお客様からは

ライン(個人ビジネス用アカウント)予約が好評な様です

これがきか実はかなり便がよくて使い易い!

予約の空き状況を聞いたり
リクエストを様々と言えたり
アフターケアの話も永遠にできますので

ぜひご登録を。

彼等世代からは電話予約よりもラインでのお誘いをした方がトライアルレスポンスを得れています

少しづつですが確実に時代が流れていますね

私などまだまだ直接電話派で即決派ですが!

<電話する>という行為自体が面倒に分類され

会話というのはラインやらの事であるとの認識であり

モバイルの電話機能はオマケみたいなものですね



我々ヘアサロンは古今時代の流れを反映してきました

特に日本の場合は島国独特のヘアトレンドを持っているのでとにかくヘアサロンが面白く楽しいカルチャーを生み出しています

今の時代の気分は<ニュアンス>ですね

イノセンスが売り物になっています
前出の千田恵弘のスタイルブックに観られるように

スタイルチェンジというのはスタイリングアレンジという事に変換されています

ヘアスタイルをカットして変えるのは、ちと古い

大胆に変えてはいけないのが<今>なのです

ヘアカラーリングを例にしても、明るい暗いの

トーンコントロールではなく

明るいままのティントコントロールが

カラーチェンジになります

毛髪の全てのディテールに宿る<テクスチャーの機敏>を

操る美容師が支持を得ているのです

繊細な仕事が求められるが為に

ややもすると美容師自体の売りが弱くなってしまうので

ついたネームが

俺は狼なのだー!


という事です










[PR]
# by zsalon | 2016-12-03 18:51

能力者達の仕事癖


今年も年の瀬が近づいてきましたね

ヘアサロンは12月は1番の繁忙期です

自信をもってお客様を迎える為の準備をしています

新メニュー、オリジナルプラダクトのリニューアル

感謝のアメニティーなどなど

あれもこれもの中で、やはり外せない1つは

<お礼状、招待状>です
d0088206_20370709.jpg
いつも同じアプローチは飽きられてしまうので

心地よい外しと意外性をもたせるのにはひと苦労します

zsalonの今季は<封書型>を選択

こんなの普通じゃん、、といわれてもメゲず遂行です

毎日々すこしづつ何百と延々と書きます

世の常となったメール配信の裏をついているつもりでいるものの

もっと、効率の良いインビ方法はないものかと思うのですが、何故にか<過去の記憶>が<点で結ばれて>具象化すると

やはり<手書きのダイレクトメール>

に行き着くのです

私は過去にライバル多き群雄割拠サロンにおりましたが

能力が高く優秀かつ輝かしい美容師は、やはりマメ。

<筆まめ>だったのです

側から観ているだけでは見破れない者もいましたが

自分の休日の数時間はDMに費やしていたものです

目を背けたくなる地味さに讃える事もしませんでしたが

内心自分は不安にかられ、精一杯の抑止力を考えたものですが、お客様の心まで響かせる事ができるのはやはり
前者だったのです

どいつもこいつも能力者達は例外なく書いてました

もちろんその後の数字も良いもので。

そんな過去の軸や<点>に賭けるのが正解ではないでしょうか!

私の成功体験の1つです

今では知的財産に昇格しました。

最近になり、気づきも得ましたが

学びを得た当時から、スタッフ間での競いの環境を与えた私の師である金井社長は更に巨きな存在なのだという事です

上には上がいるものですね

感謝の意の年の瀬になりそうです







[PR]
# by zsalon | 2016-11-25 20:29

プロフィール
佐藤典和/Norikazu Sato
Z SALON 代表取締役
1973年4月1日生まれ
福島県伊達郡出身
美容暦19年

>>http://www.zsalon.jp  
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by M.TANI. at 15:13
Purchase Klo..
by Liedriche at 06:02
message1, [u..
by Easelliroli at 04:06
message2, [u..
by Immemaile at 21:31
Order Valium..
by intorrurommig at 08:48
[url=http://..
by treweffitly at 15:43
[url=http://..
by abellaEmalo at 00:32
[url=http://..
by abellaEmalo at 00:31
And you fina..
by Nixon at 23:50
And you in t..
by Nivada at 19:23
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧