人気ブログランキング |

銀座美容室zsalon 佐藤典和が語ります



第三世代のサバイバー


ライン@

ご存知だろうか

ヘアサロン界もう1つのコンタクトコミューン

まずはこちらを登録しよう
d0088206_02233327.jpeg
担当スタイリストへのダイレクトブックが可能になる

使い易さ抜群の傑作アプリケーション

とにかく平成の(生まれの)世代は

私的に第三世代とさせてもらうが

恐ろしい程インターネットと共に生きている

ケータイは既に電話としての認識はなく

単なるツール

モノ

会話はライン

ボイスtoボイス? 何それ?

そんな第三世代のお客様たちへ

又のご来店をお待ちしています、ぜひお電話下さいね〜

なんて言っても


電話?

ヘアサロンへの予約はいちいち電話したくない

これが当たり前になった!



世代とは

第一世代とは簡単に表現すると<朝シャン>
導入から成長までの
2000年ミレニアム美容ブームへ駆け登った
パワーパフォーマー世代
とにかく個性豊かな魅力的な美容師が席巻した

そんな<桁外れ>な先輩方の背中を追いかけて
見事にミレニアム以降の
成熟までの波にもまれたのが
第二世代の私たち
<もまれた>とは
一気に人気商売と化した美容師には参入者が多く
表現は悪いが
アタリとハズレが生まれていた
ある者は売れっ子として一日中こなす様に
売り上げを競った
ある者は屋台骨になり売り上げを支えた
いわゆる<デビュー>という入客のスタートは
早ければ早い程得をしたようだ

その後
莫大な美容師人口の増加を得て
ヘアサロンは儲かる!的な出店がとまらず
首都圏を中心に地方都市を巻き込んで
増えに増えるヘアサロン
一軒あたりの集客密度が薄まってゆく
当たり前のようにサロン内は反比例して
勝ち負けが生まれ
活躍の地を求めてサロン漂流する美容師の続出で
デフレーションとともに質も低下
そして、リクルートのオンライン予約参入期でもある

たが
時代は流れても美容師の仕事は 
スタイルが変わらない
機械では人間のヘアカットは無理
AI化しても無理
とにかく変われない
結局
どうなんたろう?

美容師とは専門職であるから
今では周知のとうり
見た目の華やかさなどとは違い
サロンで過ごす時間の長い事長い事、、、
やはり
<僕は私はやっぱりヘアが好き>
でなければ生き残れなかったわけだ

成熟から衰退へ
既にシビアに捉えると今は衰退期
美容師界は新たな成長カーブをつくらないと!
実はチャンスの時期なのだが
そんな薄氷の今を
20代中盤の平成生まれの美容師たちは生きている

凄いタフな面々なんだろう

個々の力が漲っている

美容師第三世代銀座代表千田恵弘
d0088206_03333000.jpeg
彼は手段としてライン@を選んだが

トコトンお客様と向き合える力を感じる

今すぐ登録すべし。



最後にオーナー様方

ご注意を!

サロン内でずぅーっと下向いてライン@を管理してる
スタッフが気になる事でしょうが
どうか認めてあげて下さい












by zsalon | 2016-09-20 02:21
<< 銀座店舗場所取合戦 机上からにて ルネサンスからア... >>


ヘアサロン ZSALON GINZA オーナーの奮闘記
プロフィール
佐藤典和/Norikazu Sato
Z SALON 代表取締役
1973年4月1日生まれ
福島県伊達郡出身
美容暦19年

>>http://www.zsalon.jp  
以前の記事
カテゴリ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧