銀座美容室zsalon 佐藤典和が語ります



ヘアーとは

物心がついた頃から髪型が好きでした

<個人的な見解の話ですが>

幼稚園や小学校ではロングヘアーの女の子に惹かれていました、白襟ワンピースに白タイツの品の良い雰囲気に
髪飾りは決まっておリボンなスタイルです

王道なんですけど大好きでしたね

少女ロマン志向ですね

80年代は中学生時代にはアイドルヘアー全盛期でして
くるくるドライヤーでフェイスラインに毛流れをアレンジしたデザインが大好きでした

ダイアナ妃ブームも僕は髪型が好きでした
d0088206_15263187.jpeg
未だに究極に憧れる髪型になりました、毛流れにハイライトを入れたりとか、もう最高の質感です

90年代に入りますとヘアーは激動の時代を迎えました
マヌカン
ソバージュ
ワンレン
スパラル
流行りと共にヘアーは作られていきますね

世界的にもヘアトレンドが生まれやすい日本

そして東京

東京こそがヘアワークの真意だと思っています

世界で唯一ヘアトレンドを量産できる都市です
常に<今はこんな髪型>が存在しますから素晴らしいものですね

飽きない

次が気になる

次にいって良し

zsalonへ見えるお客様方々への髪型は時代にあった
ヘアトレンドをご堪能いただきたいです

あれもやったし、これもしたいなぁみたいに
思い出づくりして

女性の好奇心と向上心に答えたいです

髪型を変える事は女性の抗ストレス対策にベスト1なんですよ

昔も今も変わりませんね

変えるタイミング

変える先のデザイン

本当に得意です


お客様の中にはトレンドばかりが髪型ではなくて

オンリーワンな髪型をお求めになる方も
勿論おられますよ
それはそれで強くてかっこ良いと思います

時代→自分→そしてどんな髪型?何?

そこの正しい答え、楽しめる内容を提案出来るように

美容師として生きています

さぁ


次の弾もつめましょうね!








[PR]
# by zsalon | 2018-07-11 15:29

雲の上の人だったんだ。


つい先日の事です

zsalon木川千聖が

ワインディングコンテストに出陣して

見事<入賞>を果たしました!

d0088206_22461370.jpg

おめでとうございます!

入賞社は100人中8名のみ

3位までではないので4〜8位という事になります。

忙しい日々をかいくぐっての練習の日々を送り
d0088206_22512529.jpeg

zsalon入社2年目にして

初の栄冠です

試技は真剣そのもの
d0088206_22524842.jpeg
圧倒的な存在感を発揮していました
d0088206_22535571.jpeg
凛々しくもカッコイイ!

普段は癒し系なのに、実はこんな表情を持っていたのね

私たちは直ぐ間近で応援しておりまして

会場にみなぎる緊張感や試技のレベルの高さに

ただただ飲み込まれておりました

懸命な皆さんの青春に心打たれて

感動を得る事ができました
d0088206_22545263.jpeg
木川さんは美容学校時代から含めると

足掛け4年の切磋をつんでいます

大体においては、この試技はサロンに勤めだすと

練習はしなくなります

現実的なパーマ巻きではないからです

しかし

木川さんに得意な分野を尋ねると

ワインディング(パーマ試技)ですと

いとも爽やかに答えるものでしたので

私もクリエィティブ心に灯がともりまして

コンテスト出陣を打診いたしました

出ようよ
出たいね
摂りたいね



そして継続は力なりとの結果に報われた事で

今後は更なる高みへと昇華するはずです

そう

1位
チャンピオン
優勝
グランプリ

といった冠摂りに行こうじゃありませんか

私も完全に<勝ちウェーブ>にあやかっていく所存です


まさかのまさか


21才のスタッフが

 
雲の上の存在のひとだったなんて



美容師って最高!!!




[PR]
# by zsalon | 2018-05-30 22:42

美容師とは

私は今年で45才となりました

美容学校へは18才から1年間通い

19才からヘアサロンに勤務(入社)して以来

キャリアは27年間目を迎えました

キャリアの途中には離職はないので

いわゆる毎日の髪型ざんまいを

なかなか長く続けて来たと思います

美容師という進路を決意したのは13才の時

姉の愛読書< olive>に掲載されていた

ヘアサロンスタッフ面々の髪型が素敵で憧れ

ヘアメイクの道具、メイクボックスの中身に惹かれ

都心部で勝負したいと東京を意識したものです

13才から17才までが美容師への準備期間であり

この<青春>であり<人格形成期?>を

頭の中は<髪型>で満たされていた事が幸いして

今まで続けてこれたのだと思います

中学、高校というのは人生について大いに悩み

傷つき、学ぶ頃ですから

途中で進路を変更する事も考えられる筈です

今になって冷静に考えてみると

日本国の美容師は美容師法に基づく<国家資格>

であるという事です

国家資格ともなれば

養成機関となる美容学校が存在しますから

進路を定め易かったという事です

勿論、昭和の当時ではインターネットはありませんので

本屋へ行き

<美容師になるには>的な紹介本を閲覧して

藁にもすがる思いで美容学校へ見学に上京したものです

全ては美容師に向かう為

何故美容師に向かうのかは

全ては髪型の為。

今でこそ髪型は<ヘアスタイル>や<ヘアデザイン>

という呼び方をしますが

私の場合はやはり<髪型>とミニマムに発する方が

あっています

髪型には男女の性別や年齢格差などありますが

私の場合は髪型に垣根がありません

オールラウンドに髪型に固執していました

<固執していた>

これは良くもあり悪くもあるのですが

多感な高校時代にファッションと融合され

髪型=ファッション

髪型はファッションの一部であり

ファッションありきの髪型だと確信していきます

その化学変化的な確執は今でも長く残っています

しかし

このステージでは美容師とはいえなかったのです

端的に表せばこの時期の私は<髪型師>です

髪型師では国家資格ではありませんね

美容師とは師業

師から学びを得て人生を豊かに創るのです

私は度々のステージにおいて

<師>に恵まれる事ができました

こればかりは<運>としかいいようがないかもしれません

運は呼び込むもの、引き寄せるものともいいますので

前しか向いていない私は周囲からは

分かりやすい人間だったのかもしれません

何しろ髪型やファッションばかりに傾倒する私を

肯定し、かつ否して

ご指導(修正)して頂きました

まず始めに美容学校ではエステティシャンを目的とする

生徒達と触れて驚きます

髪型を作る?造る?創る?のがゴールじゃないのか!

世の中は広い

あなたの進路はヘアサロンなのねと先生にいわれ

返答に窮したのを覚えています

この時は無意識でしたが

美容に対する薄らかなコンプレックスを得ています

髪型一辺倒な私は弱いのでないか

私の脳内宇宙は狭いのではないか

後にトータルビューティーを目指す私の根は

美容学校で得たものです

19才で大手人気サロンへ入社します

そこでの修正は<社会的人間関係能力>の

絶対的な必要性です

先輩やお客様から<気に入って頂く>をクリアしなければ

仕事にありつけません

髪型に詳しくても上手くはなれません

人間的に懐に飛び込んで勝負する事を学びました

ここで助かったのは

家族の<師>に恵まれて育ったという事でした

祖父は地域の困り事相談員(公務員)
父は厳格な銀行員
全肯定な祖母
放任主義な母
評価的な姉

全てにおいて人間的な石杖を得ていたのです

正面衝突できるのは剣道のおかげですが、、。

美容師には人間関係を円滑にできる言葉が必要であり

人間的魅力を得たいとのステージに上がりました

そして22才は初級技術者的にデビューしますが

思うようにはお客様がつきません

当たり前ですが

お客様は<綺麗になりたい>がサロンにみえる動機です

が、私は髪型に傾倒していましたので、

その後幅広いお客様からの支持を頂くまでは

思考錯誤、右往左往を繰り返し今に至ります

美容師は文化的(お洒落)であり

トータルビューティーで捉え

オールラウンダーである

もしくはなりたい

目指すものだ

というのが答えになります

ステップやステージには師の存在

やはり弱いところに向き合ってこその

人間的成長

まだまだ課題は山登りのようですが

美容師道を邁進したいと思います。

重たいですけどね!










[PR]
# by zsalon | 2018-05-24 14:50

20代 新入スタッフと哲学する

 
ZSALON GINZA 創業2006年

12年目に突入しました!

新たな成長を遂げる事を目標にして

5月よりスタッフが2名合流します

29代後半のスタイリスト男性と

20代前半のアシスタント女性です

昨今ではまず何よりも<労働環境の見直し>これは最重要な改善事項でしょう

美容師はきつい、長い、休まらない、といった習わしを払拭できるのでしょうか?

トライしてゆきたいです

代表である私は40代半ばで

スタッフは皆20代です

各スタッフが生まれおちる前からサロンに立ち続けている私とは

過ごしてきた時代感からの経験値には開きがありますのでその<ラグ>をリアルに感じたい為に

20代前半の新入アシスタントに入社時のレポート課題を出しました

<あなたの今なりで哲学してください>

美容師とは

サロンとは

ヘアーとは

人生とは

さてどんな考察が上がってくるのでしょうか?

楽しみです!!!



[PR]
# by zsalon | 2018-05-04 01:06

もうじき桜咲くのかな


zsalon ginza

銀座にて2008年より始動

創業は2006年に世田谷の下北沢にて産声を上げました

かれこれ12年が経ち

銀座では10年になります

つい先日の2月末に、スタイリストの千田恵弘くんが

zsalon ginzaにて7年半もの長きを勤めて
卒業してゆきました。

これまで本当にお疲れ様でした
d0088206_00382626.jpeg
彼は元来の器用さを武器にして、メイクアップからネイルワーク等々ありとあらゆるスキルを身に付けて巣立ちました。とっても上手い美容師です

その <上手さ> には何度も心底驚いたものです

今後の活躍が期待されるので、更なる成長が楽しみです

千田くんの初対面と入社は2011年の震災の年でした

佐藤地元の福島県には何度もいきましたね

浜通り沿岸での作品には今でも敬意を払っております

あれは行動力あったよね、若かった!

思えば長い付き合いでしたね〜

馴れ馴れしいですが、本文は個人的なブログなので

ご容赦下さいね

未だキミがアシスタントの時に

「佐藤さん、..…お話が、ありまして」

と言われて

おいおい〜、又辞めたいとかどうとかの話なの〜

と、思いきや

「実は僕、子供が出来たようでして、、…」

おぉっーとットットー

正直かなりテンパりました事を忘れられません

その若さでか〜

自分とは別次元の人生の富主なんだなぁって思いました

ジェラシーではない種の羨望を覚えたんです

雇用主としての責任を感じて身を引き締めました

その後の進撃ぶりは若さも手伝ってか凄かったね

毎週の休みは後輩を引き連れての撮影三昧に明け暮れて

青春を撮影に投下しました

そしておとづれた自己HPの立ち上げは

その直後にくる美容師セルフブランディング時代の

先駆けとなりました
d0088206_01130528.jpeg
ステージの上でもスローガン<全国制覇>

カッコイイ

カッチョいい

かのサイバージャパンにも引けを取らない本番魂!


満点だね


慎重かつ大胆にこれからの乱世を生き延びて
いって下さいね





タグホイヤーの似合う漢
千田恵弘くんへ




佐藤典和より




季節は春へと



もうじき桜咲くのかな。















[PR]
# by zsalon | 2018-03-06 00:25


ヘアサロン ZSALON GINZA オーナーの奮闘記
プロフィール
佐藤典和/Norikazu Sato
Z SALON 代表取締役
1973年4月1日生まれ
福島県伊達郡出身
美容暦19年

>>http://www.zsalon.jp  
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by M.TANI. at 15:13
Purchase Klo..
by Liedriche at 06:02
message1, [u..
by Easelliroli at 04:06
message2, [u..
by Immemaile at 21:31
Order Valium..
by intorrurommig at 08:48
[url=http://..
by treweffitly at 15:43
[url=http://..
by abellaEmalo at 00:32
[url=http://..
by abellaEmalo at 00:31
And you fina..
by Nixon at 23:50
And you in t..
by Nivada at 19:23
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧