人気ブログランキング |

銀座美容室zsalon 佐藤典和が語ります



<   2019年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


<センス>に踏み込んだ勇気ありの過激本


活字中毒や
活字依存を自認する私は

未だに新聞朝刊を読み

先ずは情報を仕入れています

古式読法者ですみません

最近では開き直っていますが

どうもスマーホからのニュースはしっくりしないので

正直なところなのです

通勤車内では新聞読みの方はほぼいなくなり

マイノリティーさも感じさせる自分の新聞姿に

自信を持ってしまいました

紙面からは、なかなか世の中を俯瞰できるはものの

サロンオーナーとしての責務満足どまり

知識の泉を満たすのは

やはりスウィートスポットは単行本です

中学生時代の文学乱読から

なんとか生きるインテリジェンスを学び

憧れの文字脳にはなれたのかもしれません

そんな正直気質な私のオススメ本は

こちら
d0088206_20465351.jpg
暮しの手帖でお馴染みの

松浦弥太郎著<センス入門>です


センス、、、

非常に曖昧かつ

恐ろしい程悩まされてきたこの語源に対して

直球解説されています

そう

太古の昔から

ヘアサロンや美容師たちの命綱である

センスの良さ

口にするだけでも自分と相手を追い詰めてくる

エンドレスなワード

時には気持ちの高揚をもたらし

時には奈落の底まで落とされます

そうです

センスの定義は難解だったのです

本書中での松浦弥太郎氏は
ご自分の体験をベースにして
いとも簡単に分かりやすく教えてくれています

これぞは職人芸です

美容師必読書なり

常に常に読者に向かい合ってきた氏ならではの
苦しみや孤独の先にあるリアルアイランド

こんなクリエイターになりたいです

御本に感謝なひとときでした。





by zsalon | 2019-01-28 20:31

宇野亜喜良のエッセイ本


宇野亜喜良の挿絵やポスターは大好きでして

今までの作品づくり、世界観づくりにおいて
多大なる影響を受けてきました

出版済みの本としては画集やポスター集ばかりが
目に留まってしまっていましたが

2000年に出世したエッセイに出会えました
d0088206_17215909.jpeg
宇野亜喜良の世界観の活字化です

期待度は絶大

<薔薇の記憶>と題されているだけに

過去の生い立ちから

どのような具象を体験したかなど事細やかに知る事が
できて

あぁそうなんだ

そうゆう事だったのか

だから強烈に惹かれたものかと

腑に落ちる回顧の連続で大変な参考になりました

大満足です

無責任ながらおススメの一冊です

馬と少年少女の挿絵
特に絵本<あの子>での表現は
私の中で特別な意味をもち
今尚輝きを失わない傑作です

本文中にもこの部分の記憶を披露頂けて
密やかな悦に浸りました

宇野亜喜良曰く
文章にするのは難しく面倒だったが
実は嫌いではないのかもしれないと


すごいなぁ


いつまでもの活躍を願っております!

by zsalon | 2019-01-28 17:15

一枚の絵画から


zsalonの待合スペースにて

一枚のお気に入り絵画を掲げました

d0088206_17032805.jpeg
<顔のない女>と題された、油彩での人物画です

赤色調が待合の赤壁にしっくりしました

洋画家 夏幸生さんの作品です

とある古物商の知り合いから(他にもう一枚<青い顔の女>計2枚)偶然的に譲り受けて

の割にはインパクト強大なフィット感に出会い

それからは多大なる影響を享受しています

顔なし画は不気味になりがちなのですが

こちらは何故だか品格が高いのです

zsalonのある銀座界隈というのは
画廊、画商が多く存在する地域なので

ふと目に留める絵画は多くありますが
なかなかお気に入りには(特に人物画)出会えません

大切に思える一枚の絵画との出会いは

宇宙的確率な奇跡となります

自分自身のヘアメイク作品でも
こんな雰囲気に作れないものかな

と思い続けて

構想で3.4年かかり

遂に仕上がりました
d0088206_17302835.jpeg
既に大きくプリントしてポートフォリオに入れています

思い切り良く後頭部に顔を表現しました

カメラマンの技量も素晴らしく、大迫力な一作品と

なりました。

ここ数年でも自己満度が高くて快作です

これだから作品づくりはやめられませんね!











by zsalon | 2019-01-25 17:01

グレイヘア出版相次ぐ!

近頃はグレイヘア関連本が人気です

d0088206_10473311.jpeg
今年から来年にかけてもサロンでの話題の中心になりそうです

白髪を染める?染めない?

移行期間の色調などなど

ヘアスタイルとのバランスなど

先ずは

じっくりとお客様とのお打ち合わせをします

様々なヘアデザインから

お客様のライフスタイルの確立に尽力いたします


私の個人的な見解としては

楽しいヘアカラー時代の到来だなぁと歓迎!

サロンワークの楽しみが増しました

今までは闇雲に白髪を悪者扱いしてヘアカラーして
いた訳ではありません

既にグレーに移行した方や移行中の方々はおられますし

やっぱり白髪に耐えきれず
元の様にブラウンカラーに戻す方々もおられます

50/50といいますか

お客様は個々に状況が違いますので

グレイヘア関連本の主訴は
<ライフスタイルの確立>にあります

人生のシーンを透視して身辺を整理する事で得られる

<精神的な安定>を用いてこそ導けるものなのです

白髪を染める事で精神が安定する方も
多くおられますのでしかり

最後に私の個人的な今後のオススメカラーは

<中間を表現する曖昧カラー>です

えっ?どっちなの?白髪?染め?地毛?

非常に分かられづらいテクニックカラーを

ご提案いたします!

お楽しみに。










by zsalon | 2019-01-15 10:45


ヘアサロン ZSALON GINZA オーナーの奮闘記
プロフィール
佐藤典和/Norikazu Sato
Z SALON 代表取締役
1973年4月1日生まれ
福島県伊達郡出身
美容暦19年

>>http://www.zsalon.jp  
以前の記事
カテゴリ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧